2011年05月31日

原発事故は「人災」 現役の経産省官僚が政権批判本

原発事故は「人災」 現役の経産省官僚が政権批判本
2011年5月31日20時49分

 民主党の公務員制度改革を批判し、閑職に1年以上留め置かれている経済産業省の古賀茂明氏(55)=大臣官房付=が「日本中枢の崩壊」(講談社)を出版した。東京電力福島第一原子力発電所の事故を「人災」と強調し、菅政権や霞が関を批判している。

 著書では、経産省と原子力安全・保安院の関係を「(原発を)監視する側と進める側が、同じ屋根の下に同居している」と指摘。同省からの天下りを東電が受け入れていることから「官僚も東電には勝てない」と断言し、原発事故で初動のつまずきが生じた一因になったと分析している。

 古賀氏は国家公務員制度改革推進本部の審議官として年功序列の人事システムの見直し案を提示。「改革派」として知られるようになったが、各省から反発を買ったとされる。政権交代後の2009年12月、経産省に戻ったが、「大臣官房付」が続いている。(蔵前勝久)

----------------ここまでasahi.comより引用です----------------


確かに人災の側面が大きいんでしょうね。

この著作の中に自民党の原発政策にまで踏み込んだ記述があるならば
とても興味深いのではないかと思います。
民主党がダメなのはもう嫌というほどにわかっているので、
そもそもの日本の原発政策や天下り、官僚機構についてまで入っていなければ
時流に乗せたただのプロパガンダ的な出版物で終わってしまうのではないでしょうか。
どうなんでしょうかね。
書評を待ちたいところです。
posted by おろし at 22:21| Comment(0) | TrackBack(0) | できごと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年05月26日

海水注入の説明 政府と東電は「赤点以下の対応」

海水注入の説明 政府と東電は「赤点以下の対応」
2011.5.26 20:39

 東京電力福島第1原発1号機への海水注入をめぐる問題で、東京電力が実際は注入を続けていたと一転して発表したことを受け、危機管理コンサルタントの田中辰巳氏は「海水注入をめぐり説明が二転三転している政府と東京電力の対応は、点数をつければ『赤点以下』」とコメントした。

危機管理コンサルタントの田中辰巳氏の話

「海水注入をめぐり説明が二転三転している政府と東京電力の対応は、(情報の集約を含め)危機管理の体をなしていない。点数をつければ『赤点以下』。福島第1原発の所長の判断で海水注入を継続したという結論で、政府、東電の双方に都合の良い幕引きを図ろうとしているが、逆に国民の不信感はより増す結果となった。

 所長は、海水注入を継続していることを本店へ報告しなかったのはなぜか。政府は、海水注入を継続しているのか中断しているのか、なぜ繰り返し確認していなかったのか、疑問が多すぎる。

 政府と東電は『信用の危機』に置かれていることに気付かなければならない。このままでは国民だけでなく、世界からの信用を失ってしまう。専門家を招くなど危機管理を強化するべきだ。政府と東電は、責任をなすり付け合い、失敗を人に押しつけようとしているようにも感じる」

---------------ここまで産経ニュースより引用です--------------

赤点以下どころか、採点不能だろうね。
どこがどう嘘をついているのか、きっちりと晒さなくちゃ納得できるはずがない。

そもそも政府に信用がないことがすべてのような気もするけど、
東電の隠蔽体質もまったく救いようがないな。

所長の判断で海水注入を続けなかったらどうなっていたのか、
そして政府の連絡体制、情報管理体制はどうなっていたのか、
すべてを明らかにして欲しいものだと思うのです。

まあ、そこらへんも嘘で固められちゃうんでしょうけど。
みんしゅとうだもの。
posted by おろし at 21:59| Comment(0) | TrackBack(0) | わかりません | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年05月22日

班目委員長「私は言っていない」 再臨界の危険性発言

班目委員長「私は言っていない」 再臨界の危険性発言
2011年5月22日3時0分

 班目春樹・原子力安全委員長は21日夜、朝日新聞の取材に対し、政府・東電統合対策室の会見について「再臨界の危険性があるなどと私は言っていない。侮辱と思っている」と反論した。

 会見で配布された海水注入をめぐる事実関係の発表文には、「原子力安全委員長から、『再臨界の危険性がある』との意見が出された」などと記されていたが、班目委員長は「発表文は東電と官邸と保安院が作ったもの。原子力安全委員会として抗議する」と話した。

 会見には安全委事務局の加藤重治内閣府審議官も同席していたが、班目委員長の発言は否定していなかった。


---------------ここまでasahi.comより引用です---------------


なんだか、東電・官邸・保安院っていうだけで信用できない。

政府なんてまるっきり信用できない。

哀しいけど、これ、現実なのよね。。。
 
posted by おろし at 07:13| Comment(0) | TrackBack(0) | わかりません | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年05月21日

震災翌日の原子炉海水注入 首相の一言で1時間中断

震災翌日の原子炉海水注入 首相の一言で1時間中断
2011.5.21 00:42

 東日本大震災で被災した東京電力福島第1原発1号機に関し、3月12日に東電は原子炉への海水注入を開始したにもかかわらず菅直人首相が「聞いていない」と激怒したとの情報が入り、約1時間中断したことが20日、政界関係者らの話で分かった。

 最近になって1号機は12日午前には全炉心溶融(メルトダウン)していたとみられているが、首相の一言が被害を拡大させたとの見方が出ている。

 政府発表では3月12日午後6時、炉心冷却に向け真水に代え海水を注入するとの「首相指示」が出た。だが、政府筋によると原子力安全委員会の班目春樹委員長が首相に海水注入で再臨界が起きる可能性を指摘、いったん指示を見送った。

 ところが、東電は現場の判断で同7時4分に海水注入を始めた。これを聞いた首相が激怒したとの情報が入った。東電側は首相の意向を受けてから判断すべきだとして、同7時25分に海水注入を停止した。その後海水注入でも再臨界の問題がないことが分かった。同8時20分に再臨界を防ぐホウ酸を混ぜたうえでの注水が再開されたという。

 自民党の安倍晋三元首相は20日付のメールマガジンで「『海水注入の指示』は全くのでっち上げ」と指摘。「首相は間違った判断と嘘について国民に謝罪し直ちに辞任すべき」と断じた。これに対し、枝野幸男官房長官は20日夜「安倍氏の発言が偽メール事件にならなければいいが」と牽制(けんせい)。首相周辺も「激怒はしていない。安全を確認しただけだ」と強調した。

-------------ここまで産経ニュースより引用です-------------


人災が重なった側面も否定できないわけですか。


激怒とか優柔不断とか、そんな情報ばっかり。
一国のトップともあろう人間がここまでとはね。

野党の突き上げが弱いのもまったく残念です。

 
posted by おろし at 07:56| Comment(0) | TrackBack(0) | わかりません | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年05月19日

緩む官邸、失言3連発 首相は住民要求を「突き上げ」、官房参与は「米要求で汚染水放出」

緩む官邸、失言3連発 首相は住民要求を「突き上げ」、官房参与は「米要求で汚染水放出」
2011.5.19 00:49

 菅直人首相やその周辺から次々と失言や不用意な言葉が飛び出している。

 首相は18日、計画的避難区域に指定された福島県飯舘村議会の要望を受けた際、「皆さんも議員として地元の有権者の皆さんから突き上げというか、大変な要請も受けていると思う」と述べた。「突き上げる」という言葉には、下級者による上級者への圧力という意味がある。自身が国会等で日々突き上げを受けているため、思わず不謹慎な「本音」を漏らしてしまったようだ。

 一方、劇作家の平田オリザ内閣官房参与がソウル市内の講演で、福島第1原発事故対応で汚染水を海に放出した原因が、米政府からの強い要請だったと発言していたことが同日、分かった。枝野幸男官房長官は対応に追われ、事故対策統合本部事務局長の細野豪志首相補佐官は「日本の判断で米国からの要請は一切ない」と反論。その後「平田氏が発言を勘違いして訂正したと聞いた」と述べた。

 平田氏は17日の講演で「理解いただきたいのは、流された(汚染)水は非常に低濃度で、量も少ない。米政府からの強い要請で流れた」と発言していた。

 また、馬淵澄夫首相補佐官(原子力発電所問題担当)が原発事故について「原子炉の火は神様の火で、手がつけられない」と述べていたことも18日、分かった。証言したのは国際ジャーナリストの日高義樹氏で、4月12日に都内で開かれた会合で馬淵氏と同席したと説明。その際、馬淵氏は原発事故について「秘密のことが多くてほとんど何も語れない」と話した上で、「原子炉の火は神様の火」発言をしたという。

 馬淵氏は「かような発言はしていない」と否定。馬淵氏の事務所は「難題に立ち向かい解決に向け全力を注いでいることを伝えた。話の中で高村薫氏の著書『神の火』について言及したことを短絡的にとらえられたものと思い、心外だ」と回答した。

-------------ここまで産経ニュースより引用です------------


お馬鹿首相を二代も続けて輩出してしまう党だから仕方ないだろ

立て続けに変な発言が出てくるのも仕方ないだろ

みんしゅとうだもの
 


ただ自民党の声が聞こえてこないのも情けないけどな
 
posted by おろし at 02:33| Comment(0) | TrackBack(0) | わかりません | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年05月18日

「日本のメディアは『事実』より『公式発表』を重んじる」

【産経抄】
5月18日

2011.5.18 03:06

 真相は、物事が起きてから時間がたたないと見えてこないのは、重々わかっているつもりだ。とはいえ、福島第1原発で水素爆発が起こってから2カ月以上もたって「実は地震の翌朝には全炉心溶融(メルトダウン)していたようです」と言われてもねえ。

 ▼メルトダウンという言葉は、32年前に起きた米スリーマイル事故とそのわずか12日前に封切られた映画「チャイナ・シンドローム」によって広まった。事故を予見した映画は、リポーター役のジェーン・フォンダと技師役のジャック・レモンの熱演もあって日本でもヒットした。

 ▼チャイナ・シンドロームとは、米国で原発がメルトダウンすれば、核燃料が地球の裏側の中国に突き抜けるという意味だ。もちろん、ジョークだが、メルトダウン→チャイナ・シンドローム→この世の終わり、と連想した読者もおられるのではないか。

 ▼2、3号機もメルトダウンしている可能性が高い。ますます背筋が寒くなるが、工学者の武田邦彦氏に言わせれば「これまでにあまりに多い放射性物質が出たので、それに比べるとたいしたことはない」そうだ。

 ▼武田氏ら在野の科学者は、早くから「燃料は破壊されて原子炉の下に落ちているだろう」と指摘していた。にもかかわらず、「メルトダウン」のイメージにおびえたのか政府も東電も認めようとしなかった。

 ▼武田氏は「日本のメディアは『事実』より『公式発表』を重んじる」とブログで皮肉っている。日ごろ偉そうなことばかり書いている抄子も耳が痛い。せめて、原子炉がメルトダウンしている最中に視察を強行するような首相にまともな政治は期待できない、という「事実」だけは書いておきたい。

-------------ここまで産経ニュースより引用です-------------


今回の原発の問題に限らず、メディアにも大問題があるな。
事実を報道しようとするメディアの少ないこと。
事実を報道しようとするときにスポンサーの存在が邪魔すること。
どこどこがこう報道していますというニュースが多いこと。

報道って何だ?

事実を、真実を、伝えることではないのかな。

東電や現政府のようなどうかしちゃってると思わせるところを
事実を突いてたたいていくようなことはできないのかね。
スキャンダルだけだもんな、追いかけているのは。。。


 
posted by おろし at 07:18| Comment(0) | TrackBack(0) | 趣がある | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年05月16日

メルトダウンは3月11日…初動の遅れ裏付け 中村氏の正しい指摘を封印菅首相と枝野官房長官

メルトダウンは3月11日…初動の遅れ裏付け

 東京電力は15日、福島第一原子力発電所1号機で起きた「メルトダウン(炉心溶融)」は最近起きたものではなく、同原発が津波に襲われた約4時間後の3月11日夜に始まったとする分析結果を公表した。

 東電が注水を開始したのは、炉心溶融が始まってから10時間以上後の翌12日朝で、事故に対する東電の初動が遅れたことがデータからも裏付けられた。

 東電は、中央制御室で地震直後から記録されたデータなどを基に、津波が襲来した3月11日午後3時30分頃から原子炉の冷却機能が働かなかったと仮定し、原子炉の炉心温度や水位を推定した。その結果、当初約300度だった炉心温度は、11日午後6時過ぎから急上昇し始めた。それに伴って、燃料最上部から約5メートル上にあった原子炉の水位も、津波から約4時間後の11日午後7時30分頃に約10メートル低下し、全燃料が水面から露出。同7時50分頃には、燃料が圧力容器の底に落下し始め、炉心溶融が始まった。

 11日午後9時には、炉心温度が燃料(ペレット)自体が溶け始める2800度に達し、注水開始直後の12日午前6時には何らかの理由で圧力容器に穴が開き、水位が急落した。津波襲来から約15時間20分後の12日午前6時50分には、核燃料の大半が原子炉圧力容器底部に崩落した状態になった。

(2011年5月16日08時58分 読売新聞)

-------------ここまでYOMIURI ONLINEより引用です-------------



枝野氏「よくやっている」「総理候補に浮上」と評価される理由なし
2011.04.05 07:00

 菅内閣の「嘘」体質は常軌を逸している。

 本誌は4月1日号で原子力安全・保安院の中村幸一郎・審議官の“更迭”をスクープした。

 東大工学部出身の技術キャリアである中村審議官は、震災翌日の会見で、検出された放射性物質から、「(1号機の)炉心の中の燃料が溶けているとみてよい」と炉心溶融の可能性に言及した。正しい認識だった。

 ところが、菅首相と枝野幸男・官房長官は、「国民に不安を与えた」と問題視し、中村氏を会見の担当から外すように経産省に指示したのである。そして、枝野長官は会見で、炉心溶融情報について、「炉を直接見ることはできない」といってのけ、中村氏の正しい指摘を封印した。

 あの段階でメルトダウンを認め、すぐに海水注入の措置を取っておけば、その後の水素爆発、放射性物質の拡散は防げた可能性が高いと専門家は指摘する。菅氏、枝野氏が国民を危機に陥れた責任は非常に重い。


 その枝野氏は、今になってメルトダウンを認め、廃炉の可能性を言い始めたが、間違いを認めるなら、まず自分の嘘と失敗を詫びたらどうか。この男が「よくやっている」とか「総理候補に浮上した」などと評価される理由はどこにもない。

※週刊ポスト2011年4月15日号

-------------ここまでNEWSポストセブンより引用です------------


指摘した人はいて、でも指摘した人は更迭されたわけだ。
真実を言うことが、国民に不安を与えたからと排除されたわけだ。
菅と枝野が揃ってそうしたわけだ。
本当の情報を隠していたわけだ。そして余計に危険な状態にしたわけだ。
posted by おろし at 18:35| Comment(0) | TrackBack(0) | わかりません | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年05月08日

政府内で十分に検討された形跡はなく、支持率低迷に苦しむ政権が反転攻勢のために繰り出した苦肉の策

政府内で十分な検討の形跡なし…浜岡原発停止

 菅首相が6日、中部電力浜岡原子力発電所の全面停止要請という異例の措置に踏み切ったのは、国民の原発に対する不安感を軽減し、東日本大震災対応の不備で失墜した政権の信頼回復につなげる狙いがある。

 ただ、政府内で十分に検討された形跡はなく、支持率低迷に苦しむ政権が反転攻勢のために繰り出した苦肉の策との見方も出ている。

 首相の指示で原発事故対応にあたっている細野豪志首相補佐官は6日夜、首相官邸で記者団に「首相は4月の初めあたりから浜岡原発を非常に意識していた。難しい判断だったが、国民の安全をないがしろにできない。相当、悩んだ上での判断だった」と述べ、停止要請が首相自身の強い意思だったことを明らかにした。

 首相は数週間前から、政府関係者を通じ、浜岡原発を止めた場合に世論がどう反応するかを含め、具体的な影響をひそかに探ってきた。

(2011年5月7日08時07分 読売新聞)

------------ここまでYOMIURI ONLINEより引用です-------------


原発も政局なんだよな。
国民の命とかよりも政局なんだよな。

仕方ないか、みんしゅとうだもの。
っていうか、あれだ。。。
 
posted by おろし at 16:57| Comment(0) | TrackBack(0) | わかりません | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

「和牛」ユッケに交雑種の肉、卸業者が加工納入

「和牛」ユッケに交雑種の肉、卸業者が加工納入

 焼き肉チェーン「焼肉酒家えびす」の客4人が死亡した集団食中毒事件で、食肉加工卸業者「大和屋商店」(東京・板橋区)が同チェーンの店舗にユッケ用和牛として卸していた肉の中に、和牛には該当しない交雑種の肉が含まれていたことが7日、読売新聞の取材でわかった。

 店側では「和牛」と表示してユッケを提供していた。富山、福井、神奈川の3県警と警視庁の合同捜査本部は、肉が汚染した経緯と共に、ユッケの材料となった肉について詳しく調べる。

 一般的に、交雑種は肉牛と乳牛をかけ合わせたもので、和牛は、肉牛の黒毛和種、褐毛和種、日本短角種、無角和種の4品種とこれらを交配した牛。

 交雑種であるにもかかわらず「和牛」として扱われていた肉は、先月13日に大和屋商店が加工した後納入されたもので、個体識別番号から、福島県内の畜産家の男性が飼育していたことが判明。男性によると、さいたま市食肉中央卸売市場で1頭約45万円、1キロ当たり約1000円で競り落とされた。男性は「和牛と称して売っていたなら、偽装だ」と話している。

(2011年5月8日03時04分 読売新聞)

----------ここまでYOMIURI ONLINEより引用です------------




以下「[11/05/07]激裏 GATE-PRESS No698 「焼肉酒場えびす」へ殺人肉を卸した大和屋商店の裏事情」より


◆◇◆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◇◆◇  激裏PR-GATE http://www.gekiura.com     
◆◇◆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━



 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━◆◇◆
 
 「焼肉酒場えびす」へ殺人肉を卸した大和屋商店の裏事情
  
 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━◇◆◇


 続々と死者が増える恐怖のO111。
 勘坂社長の逆切れ、土下座会見が話題になり
 「焼肉酒場えびす」が集中的に叩かれているが
 殺人肉を送り込んだ卸業者、大和屋商店には
 報道されない過去があるとチクリが入ったのでお知らせいたします。

 大和屋とえびすのメールやりとり
 http://www.gekiura.com/~press/ebisumail.jpg

 5月6日社長の自宅と本社に家宅捜査が入ったが社長はとんずら。
 この大和屋商店、2009年から2919年にかけて関東9店舗で
 起った七輪焼肉安安、O157直中毒事件に関連しているという。
 
 今回の食中毒事件と同じく安安側の衛生管理に問題があった点では
 同じだが、「出荷される時点」ですでに汚染されていたと
 捜査当局は判断。捜査がすすめられたが、なぜかフェイドアウト。
 大量の食中毒を出したにも関わらず、安安は現在も営業を続け
 関連があったという大和屋商店もおとがめなし。
 なぜならば・・大和屋のバックは
 えびすの仕入れ先にも名前が挙がっていたハンナンフーズだという。
 ハンナンフーズといえば、同和利権の王。
 「荊タブー」。
 マスコミは同和利権である焼肉、食肉業者の不祥事については
 人権という名のもとに一切報道できない。そして死者が4人も
 出たのにも関わらず、その裏にうごめく解同など、同和利権についても
 批判も報道もできないのだ。
 今回の殺人焼肉についても「えびす」を潰し、大和屋やボス
 ハンナンフーズは生き残るだろう。

 実際に大和屋と取引のある読者のチクリより

 「この業者は、コスト面でかなりのメリットがあるので、
 安安さんをはじめ、焼肉チェーン店との取り引きは
 かなり多いです。 (略)
 少しでも食材にクレームをつけると、
 「この値段で納めてるんだから、これくらいしょうがないだろ」
 みたいなことを平気で言います。 」

 「衛生管理においてはメチャクチャですよ。手袋なし、
 包丁使い回し、落ちた肉そのままパック。踏んだ肉そのまま出荷」


 安安事件も、うやむやになり何事もなかったように営業している。
 死者が出た今回の事件だが、再び同和利権にみ消されるのか。
 

  
   
 東北地方太平洋沖地震特設ページ
 (有益と思われる情報を無料公開中です)
 http://www.gekiura.com/murmur/recommend/post-63/index.html

 放射能拡散予想シミュレーション動画
 http://hiyo.jp/lk2
 全国放射能マップ
 http://hiyo.jp/8q2



 

〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓
無料メルマガ 激裏GATE の購読や解除はコチラ
http://www.gekiura.com/mailmagazine/
■入会のお誘い ■〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓
〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓 http://www.gekiura.com
www.gekiura.com 激裏情報です。我々のコミュニティに参加しませんか?
それには激裏会員になってください。激裏情報は会員で成り立っております。
以上が、あまりにもシンプルな説明ですが、それで充分であると思います。

それでは入会方法ですが

http://www.gekiura.com/

●HP内に入って、入会方法をクリック!!
↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑
をクリックください。我々激裏情報のコミュニティへ、どうぞ!


   −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
   \ : / ( 罵声/暴論/広報の悪口/なんでもOK )
    \★/   さて、読者のみなさんは、この激裏GATE
          になにを望まれますか?なにを希望されます
 激裏GATE編集局  か?どんな、感想をいだきますか?

            チクリ大歓迎!最速で配信します!

            mailto:naomi@gekiura.com

 メールには、読者/激裏会員の区別を明記願います。
 −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
 
    激裏GATE-PRESS内の記事の引用、転載は大歓迎です!
    http://www.gekiura.com
    を貼付けてのコピペをお願いします。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

 ==================================
 激裏情報で扱う情報を実践しますと現行の法律に抵触する恐れがあります。
 すべての情報は知的好奇心を満足させるためのものです。
 デリケートな配信情報は絶対に実践はしないで下さい。皆さんが犯罪の
 被害に遭う可能性を減少させるための参考にとどめて下さい。


・・・・・・ここまで「激裏 GATE-PRESS No698」コピペ
posted by おろし at 08:04| Comment(0) | TrackBack(0) | わかりません | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年05月06日

直前に日テレ番組で称賛 「大量仕入れ、高級店並み」

直前に日テレ番組で称賛 「大量仕入れ、高級店並み」
2011.5.6 12:22

 「焼肉酒家えびす」について、日本テレビ・読売テレビ系の人気バラエティー番組「人生が変わる1分間の深イイ話」が食中毒発生の直前に取り上げていたことが、インターネットで話題になっている。動画投稿サイトには放映時の録画とみられる映像が転載され、「番組を見て行った人もたくさんいるだろうに」などとする書き込みも相次いでいる。

 番組は、4月18日の放送で焼肉酒家えびすを紹介。視聴者の投稿を基に「焼肉1皿100円」の安さと人気の秘密を探る−として、「人気の種類を大量に仕入れることで激安価格を実現」「高級店並みの接客」などと称賛していた。

 死亡した4人のうち、富山県内と福井県内の男児2人が食事したのは放送3日後の4月21日。70歳と40代の女性2人は同23日だった。番組ではユッケを直接取り上げなかったが、メニューに掲載されている映像はあり、動画投稿サイト「ユーチューブ」などに番組の映像が次々と転載。5月6日までに100万回以上再生された投稿もあった。

 書き込みには「番組がきっかけで焼肉酒家えびすに足を運び、死亡もしくは重症になった方がいるかもしれない」「これを見て被害が増えたのも否定できないよな」などという意見のほか「日テレは知らんぷり。これっておかしくないですか?」という声もあった。

 ■今後は安全面も注意

 日本テレビ総合広報部の話「焼き肉チェーン店で被害に遭われた方が出られたことは、誠に残念です。今後も番組で食べ物を扱う場合には、安全面に十分に気をつけて放送してまいります」

-------------ここまで産経ニュースより引用です-------------


テレビ局が「食べ物を扱う場合には、安全面に気をつけて」って
何をどう気をつけるっていうんだろう。
なんか適当な回答をそのまま載せてるっていう感じの記事。

安すぎる店には往々にしてこういうこともあると感じられるから
激安を売りにする店を材料にするのは自重して欲しいとは思うけど。。。


 
posted by おろし at 18:56| Comment(0) | TrackBack(0) | できごと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

通話・メール無料 468x60
こだわりのQ10、アルファリポ酸、L-カルニチンサプリ登場。SAKURA PLACEでは美と健康についての願望にできるだけ近づける商品を常に企画しております。
DHA&EPA468x60
一生の宝物が探せるチタンの日用雑貨通販ショップ【チタンでネット】が健康バリアフリーのお手伝い!飲物がまろやかに美味しくなる不思議なマグカップが人気!景品グッズなども取り揃えております。


広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。