2013年01月22日

「アイアンシェフ」3月で打ち切り決定!

「アイアンシェフ」3月で打ち切り決定!
【芸能】

2013年1月22日 掲載
低視聴率で余命2カ月
<数千万円かけたセットも半年足らずで…>

「ついに『アイアンシェフ』も『知りたがり!』同様、3月で打ち切りが決定しました。4月からはバラエティー番組で仕切り直しです」(フジテレビ関係者)

 昨年10月、13年ぶりに復活した「アイアンシェフ」(フジテレビ)が、残すところ“余命2カ月”であることが日刊ゲンダイ本紙の取材で分かった。

 93年から6年間放送した「料理の鉄人」の焼き直し。視聴率3冠奪回の切り札として、特に力を入れていた番組だけに、「セットだけでも数千万円の制作費がかかっている。とても2クールで回収できる額ではありません」(番組制作関係者)。

 現場の雰囲気は悪くなかったというが、フジがこれだけ早く見切りをつけたのは、一向に視聴率が上がらないからだ。

 初回こそ2ケタをマークしたが、その後は6〜8%台。大晦日には紅白の裏で6時間の特番を放送したが、最終的には4%前半まで数字が落ち込んだ。今年に入ると、イタリアンレストランを舞台とした江口洋介主演のドラマ「dinner」に主宰の玉木宏が“飛び入り出演”するなど、巻き返しを図ったが、18日放送の視聴率は6.2%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)。同時間帯ワーストだった。

「打ち切りは、視聴率3位に転落したフジの現状を象徴するような出来事。苦し紛れに“昔の名前”に手を出し、食い潰して終わった。前作と代わり映えのない、安易過ぎる演出にも問題があったが、上層部が口を出し、現場が萎縮してダメになる典型的なパターンでした」(前出のフジ関係者)

 グルメ評論家の友里征耶氏がこう言う。
「私は『黒木』の主人が和の鉄人として出演すると聞いてから、一層の混雑を見越して1年先の予約まで取りましたが、これほど早く打ち切りとなるとは……取り越し苦労で終わってしまいました。とにかく、毎回出場する挑戦者の小粒感たっぷりなこと。食サイトのコンテストで優勝した地方の店や廉価チェーン店のシェフが続々と登場するなど、レベルが低すぎる。懸念した通りの展開になりました。3人の鉄人も笑い話にするしかないのではないでしょうか」

 フジの大多亮常務は初回収録に立ち会い、「久しぶりに鳥肌が立った」と語っていたが、風邪のひき始めだったのでは?

--------------------ここまでゲンダイネットより引用です----------------------

まず、「アイアンシェフ」っていうのがいけないよね。
どうして「料理の鉄人」にできなかったんだろ。
それから放送時間帯。
平日のあの時間帯では、本当に見たい人が見られないと思う。
もっと遅い時間じゃないと。

なんかもったいないよなあ・・・・・・
posted by おろし at 22:21| Comment(0) | TrackBack(0) | 趣がある | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

通話・メール無料 468x60
こだわりのQ10、アルファリポ酸、L-カルニチンサプリ登場。SAKURA PLACEでは美と健康についての願望にできるだけ近づける商品を常に企画しております。
DHA&EPA468x60
一生の宝物が探せるチタンの日用雑貨通販ショップ【チタンでネット】が健康バリアフリーのお手伝い!飲物がまろやかに美味しくなる不思議なマグカップが人気!景品グッズなども取り揃えております。


広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。