2011年12月02日

“キャバクラ”副大臣、これだけの悪評…“夜の帝王”朝から酒臭い

“キャバクラ”副大臣、これだけの悪評…“夜の帝王”朝から酒臭い
2011.12.02


 政治活動費で高級クラブやキャバクラなどを利用していた岩本司農水副大臣(47)。発覚した1日だけで、永田町ではすっかり「夜の帝王」との異名が広まったが、政治家としては目立たず、同僚議員らが「朝から酒臭い」と噂する人物だった。

 「(キャバクラには後援者と同席しており)後援会活動費と認識していた。今後、国民に誤解を招くようなことは控えようと思っている」

 1日、神妙な態度で記者会見に臨んだ岩本氏。福岡で超高級テニスクラブを経営する父を持つボンボンとして育った。父が細川護煕元首相と懇意だったこともあり、日本新党職員になり、その後、国政を目指した。

 福岡時代の友人は「ベンツのオープンカーを乗り回していたのに、選挙に出ると突然、自転車にノボリを立てて走り出し、庶民派を演出した。知っている人間は『わざとらしい』と話していたが、民主党のブームに乗って、2001年の参院選でバッジを付けた」と話す。

 国会議員として突出した実績はない。東京・六本木や赤坂、福岡・中洲の繁華街視察も、同僚議員とではなく、後援者らと回るケースがほとんど。利用した店の中には、タレント、山口もえの元夫が経営していた六本木の違法キャバクラ「B」もあった。

 民主党議員は「あの政治資金収支報告書にはあきれた。恥ずかしくないのか。正直、野田首相が日本新党出身だから、副大臣になれたのだろう。飲み出すと何軒もハシゴしていたようだ。東日本大震災後でも、朝から酒臭かったことがある」と語る。

 岩本氏は「問題となった交際費を返却する」との文書を出したが、バッジを返却した方がいいのではないか。

--------------------ここまでZAKZAKより引用です--------------------

民主党だもんな。
さもありなんw


最悪なやつが集まってるよ、本当に。
posted by おろし at 19:51| Comment(0) | TrackBack(0) | わかりません | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

通話・メール無料 468x60
こだわりのQ10、アルファリポ酸、L-カルニチンサプリ登場。SAKURA PLACEでは美と健康についての願望にできるだけ近づける商品を常に企画しております。
DHA&EPA468x60
一生の宝物が探せるチタンの日用雑貨通販ショップ【チタンでネット】が健康バリアフリーのお手伝い!飲物がまろやかに美味しくなる不思議なマグカップが人気!景品グッズなども取り揃えております。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。