2012年01月07日

魚に「右利き左利き」 人間の脳解明に期待

魚に「右利き左利き」 人間の脳解明に期待
2012.1.7 06:00

 餌を捕る時に左右性(右利き、左利き)があるとされる魚の捕食行動を明確に撮影、分析することに名古屋大の竹内勇一研究員らの研究チームが成功、6日付の米科学誌プロスワン電子版に発表した。人間の利き手と脳構造の関係解明への応用も期待できそうだ。

 撮影したのは、アフリカのタンガニーカ湖に生息する「ペリソダス・ミクロレピス」で、他の魚の側面にあるうろこを食べる。口が左右どちらかに曲がっており、獲物を襲う方向に左右性があると考えられていたが、動きが速すぎて詳細な分析はできていなかった。

 研究チームは、毎秒500フレーム撮影できるビデオカメラで、口の向きが右向きと左向きの魚それぞれ10匹を対象に、他の魚を襲う様子を分析。襲う方向と口が曲がっている方向がほぼ一致していた。

 竹内研究員は「今後、魚の左右性に関係する神経系を特定し、人間の“利き”と脳のメカニズム解明につなげたい」と話している。

--------------------ここまで産経ニュースより引用です--------------------

きっと他の動物にもあるんでしょうね、右利き左利き。
魚にもっていうのはとても興味深いです。
posted by おろし at 08:37| Comment(0) | TrackBack(0) | 趣がある | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

通話・メール無料 468x60
こだわりのQ10、アルファリポ酸、L-カルニチンサプリ登場。SAKURA PLACEでは美と健康についての願望にできるだけ近づける商品を常に企画しております。
DHA&EPA468x60
一生の宝物が探せるチタンの日用雑貨通販ショップ【チタンでネット】が健康バリアフリーのお手伝い!飲物がまろやかに美味しくなる不思議なマグカップが人気!景品グッズなども取り揃えております。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。