2011年01月23日

与謝野は? 菅痛恨“ブーメラン”比例当選→離党→辞職せよ!

与謝野は? 菅痛恨“ブーメラン”比例当選→離党→辞職せよ!
2011.01.21

 菅直人首相(64)に痛恨のブーメランが返ってきた。かつて、世論から猛批判を浴びている与謝野馨経済財政担当相(72)と同様の離党劇を行った議員に対し、「離党と同時に辞職すべき」などと、国会等でののしりまくっていたのだ。過去の言動を平然と覆すのは民主党のお家芸とも言えるが、24日からの通常国会で追及されるのは必至の情勢だ。

 この発言をくらったのは、無所属の大江康弘参院議員(57)だ。大江氏は2007年の参院選で、民主党比例で2回目の当選をしたが、翌08年に民主党を離党して改革クラブを作った。昨年4月には同党が舛添要一代表率いる新党改革に衣替えした際に離党、5月に幸福実現党に入党したものの年末に離党したという経歴を持つ。

 大江氏らが総務省に改革クラブ結党を届け出た08年8月28日、野党・民主党の代表代行だった菅首相は記者会見で「比例で当選された方は、きちっと議席を党に戻した上で行動をすべきだ」と猛批判した。

 米軍普天間飛行場移設問題や消費税増税方針などマニフェスト変更に代表されるように、野党時代の発言や約束を、与党になってひっくり返すのは民主党政権のお家芸だが、始末の悪いことに、菅首相は民主党が与党になってからも、同様の発言をしている。

 昨年3月3日の参院予算委員会。大江氏は自民党会派の質問時間を使い、副総理兼財務相だった菅首相に対する質問を行った。

 このとき、菅首相は大江氏に対し、「大江さんは07年の参院選で民主党の参議院の比例で19位で当選した。今の法律は、比例で民主党で通った人が自民党に移ることはできないことになっている。だから、無所属に出て、そして今度は会派で、まさに自民党の皆さんの時間を使ってこの場でこういう議論をしている。1票の重みは、民主党に議席を1議席ということだった。当然、大江さんは政治家として、もし筋を通したならば、ちゃんと離党と同時に辞職して自民党に入党されればよかった。天につばするものだ」とまで罵ったのだ。

 首相の言葉を借りれば、与謝野氏は自民党比例という有権者の『自民党に議席を1議席』という意味で当選したはず。それなのに、離党してたちあがれ日本を作り、菅首相の猛烈なアプローチで、そこを離党して閣僚となって民主党会派入りした。

 それだけに、大江氏はこう呆れ気味に話す。

 「菅首相は、自分たちに都合のいい人ならば何をやっても問題ではないが、自分たちと考えの違う人には別の反応をする。この一貫性のなさが、政権運営、内閣支持率の低迷につながっている。自分より強い人には全くものを言えず、弱い人間に対してはどんどん追い込んでいくという人間性からしても首相の資質に欠けている。与謝野さんの行為は私の行為と変わらない。私に言ったことを、与謝野さんにも言ったらどうか。子供の教育上、また日本のためにも、一刻も早く退陣したほうがいい」

-----------ここまでZAKZAKより引用です-----------


なんか、言葉も出ないですね。
呆れるしかない。

ブーメランが帰ってきてもまったく意に介せずって感じだし
都合のいい痴呆症の集まった党のように感じざるを得ない。
posted by おろし at 08:31| Comment(0) | TrackBack(0) | 趣がある | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年01月14日

びっくりイワシ93センチ!味は「サバのよう」

びっくりイワシ93センチ!味は「サバのよう」

 小豆島沖で、熱帯・亜熱帯の海に生息する「カライワシ」が見つかった。

 体長93センチの大物で、香川県水産試験場などによると、県内で確認されたのは初めて。黒潮に乗って流されてきたらしい。

 地元の漁師児玉明宏さん(47)が、8日午前7時頃、小豆島町の橘漁港の沖合東約2キロで仕掛けていた刺し網に、カレイなどに交じってかかっているのを見つけた。児玉さんは「最初はスズキと思ったが、イワシだったのでびっくりした。30年漁師をして初めて見た」と話した。塩焼きにして食べたところ、サバのような味だったという。

 新屋島水族館(高松市)によると、国内では沖縄県付近で生息し、体長約1メートルにまで成長する。カタクチイワシをそのまま巨大化させたような形だが、「カライワシ目」に属しており、別の種類。市場にはほとんど出回らない。

 同館の水野真徳さんは「水温の高い時期に、黒潮に乗って瀬戸内海に入り込んだのでは」と推測。この冬の海水温は例年よりも数度高い状態が続いているため、真冬のこの時期まで生きていたとみられる。

(2011年1月12日16時49分 読売新聞)

------------ここまでYOMIURI ONLINEより引用です------------


こんな大きいイワシっているんですね。
初めて見ました。

ソースに載っている写真を見る限りでは
体長の割には体の丸さはないのかな。
脂の乗りはどうだったんでしょうね。
サバのような味だったということだけど、
興味津々です。
posted by おろし at 01:26| Comment(0) | TrackBack(0) | 趣がある | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年01月09日

首相、テレビ生出演で通常の半分以下の視聴率6・9%…

首相、テレビ出演の視聴率6・9%…
2011.1.6 23:23

 新年を迎え、「自らの言葉でメッセージを伝えたい」と意気込む菅直人首相。ところが、満を持して生出演したテレビ朝日「報道ステーション」(5日夜)の視聴率は6・9%(関東地区)。首相の思いと裏腹に国民の関心は薄れてしまったようだ。

 「普段でも13〜14%近い視聴率がある。数字の悪さに社内でも衝撃が走った」

 番組関係者はこう語る。テレビ朝日によると、過去に安倍晋三元首相が同じ番組に登場した際の視聴率は16・7%だったという。

 首相は7日夜にはインターネット放送局「ビデオニュース・ドットコム」の番組に生出演する予定。民主党の小沢一郎元代表も昨年12月23日にインターネット出演したばかり。果たしてアクセス数はどちらに軍配人気が上がるのか?

----------ここまで産経ニュースより引用です------------


話によれば菅が出た途端に視聴率がグッと下がったとか。
映った瞬間に虫唾が走るくらいの人が多いんでしょうね。
まあ出ると聞いただけで最初から見なかった人も多いでしょうけど。

そもそも報道ステーションを見ない俺には関係ない・・・
と言いたいところだけど、いろいろと言いたくもなるもの。


でも小沢云々のアクセス数と比べたところで意味はないと思うけど。。。
posted by おろし at 01:34| Comment(0) | TrackBack(0) | 趣がある | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年12月18日

不審記者の言い訳

にじ:私は泥棒? /愛知

 今月のある夜、取材先を訪ねた。集合住宅の入り口で住民らしき男性とすれ違う。チャイムを鳴らしたが取材先は不在。出てくると男性が待っていた。

 「お前何だ」「新聞記者です」「本当は泥棒だろ」。泥棒呼ばわりされたのは人生で初めてだ。しかも「身分証を見せろ」ときた。

 男性は「警察官」だというが、ラフな格好で息は酒臭い。簡単に応じるのは嫌だと思い「お互い、身分証を見せましょう」と言った。すると今度は「お前が先に見せろ」と怒鳴る。周辺住民が心配そうにベランダから見ている。男性に軽く腕を小突かれたため、私は110番した。

 30分後。私の身分証を確認した警察官は「最初から見せればすむ話でしょ」と一言。男性の自宅に行った別の警察官に男性の身元を聞いたが、「個人情報」とにべもなかった。警察官が男性にも同じことを言ったとすれば、結局、何の解決にもならなかった。

 私も、男性も、警察官も、個人情報に過敏だったのではないか。「無駄な時間だった」。その思いもまた3者に共通していたと思う。【秋山信一】

毎日新聞 2010年12月16日 地方版


-------------ここまで毎日jpより引用です------------


これは「男性」の方が普通の反応で、然るべき対応だと思うけどな。
「お互い、身分証を見せましょう」というのがわからないな。
何様のつもりだろう。
アポイントも取れない取材自体、警戒するのは当然だし、
そもそも記者であることなんてわからないわけだし。

記者であることをわかったとしても、おかしなことを書くマスコミも多いわけだし。


初めから名乗らない者には何も話さないのは普通でしょう。
posted by おろし at 11:08| Comment(0) | TrackBack(0) | 趣がある | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年12月04日

民主党ポスターが“菅抜き”に
2010.12.4 02:00

 民主党が、全国の支持者らから菅直人首相の写真入りポスターの撤去を求められたため、「年末年始の張り替え用」として首相の写真がない新ポスターを作製したことが3日、分かった。

 新ポスターは、白地に赤色で大書きした「国民の生活が第一。」と、下に党名を入れたシンプルなものになった。



--------------ここまで産経ニュースより引用です--------------



それこそ「民主党」の文字も消したらどうだろうか?


いや、むしろ民主党の存在も消したらどうだろうか?


 
 
 
 
posted by おろし at 17:33| Comment(0) | TrackBack(0) | 趣がある | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年11月30日

ニューハーフも大歓ゲイ!川合会長、ビーチバレー普及へ「協力して」

ニューハーフも大歓ゲイ!川合会長、ビーチバレー普及へ「協力して」


 日本ビーチバレーボール連盟主催の来季のツアーに、ニューハーフのペア複数が出場を目指していることが29日、分かった。連盟の川合俊一会長(47)が明かしたもので、参戦希望者は多く、東京・新宿2丁目の飲食店に勤務する複数の男性店員が中心となって練習を積んでいるという。

 川合会長は「昔から2丁目には『カマさんバレーボールチーム』があり、何回か指導したことがある。高校総体出身者もおり、今は30代のマーガリンさんを中心に週2〜3回、定期的に特訓している。ちゃんとしたチームですよ」と説明した。

 参戦希望者は全国的に多いとのことで、ツアー本戦出場権を獲得するための予選(サテライト)に出場することになりそうだ。予選には3000円の登録料を払えば誰でも出場できる。川合会長は「出場規定には何ら問題はない。ただ、私事で心配なのは、彼ら? 彼女ら? が男子、女子のどっちの更衣室を使うか。また男子で登録すると思うが、女子で登録を希望する可能性もなきにしもあらず」と話した。

 ツアー本戦は、昨季の5大会から今季は8大会に大幅に拡大。競技の活性化と普及に一役買う存在としても期待した。川合会長は「オカマちゃん、大歓ゲイです。ビーチ普及にぜひ協力してほしい」と話し、女装タレントのミッツ・マングローブにも「ミッツさん、どうですか?」とメッセージを送った。


-----------ここまでスポーツ報知より引用です------------


やっぱり男子で登録しないとおかしなことになりますよねえ。
でも、男子更衣室ではもっとおかしなことになるのかwww

笑ってる場合じゃないな。

スポーツをしたくてもこういうところで問題があるんだね。
posted by おろし at 07:48| Comment(0) | TrackBack(1) | 趣がある | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年10月30日

【日本の面影】ノンフィクション作家・工藤美代子 女性大臣の金銭感覚

【日本の面影】ノンフィクション作家・工藤美代子 女性大臣の金銭感覚
2010.10.30 02:47

 今年の10月は、相変わらず不快な出来事が多かった。特に尖閣諸島問題は、日本政府の国家観の欠落を露呈したが、それ以外にも長引く不況、失策続きの外交、親のわが子への虐待、その他、社会の根幹が不気味にきしみ始めているのを強く感じる事象が続いた。

 菅内閣が率いる民主党政権は、これからの日本をどのようにかじ取りしてゆくのか。政権の中枢にいる閣僚たちが、何を考えているのか、さっぱり中身が伝わってこない。

 そう思いながら、ファッション雑誌「VOGUE NIPPON11月号」を手にしたら、行政刷新担当の女性大臣が、6ページにわたって、インタビューに答えている。

 まず、最初のページは国会議事堂の中でポーズを取ったものでジャケット55万200円、ブラウス26万4600円、スカート38万6400円と、値段そしてブランド名が明記されている。4ページ目もブランド名が表記されたジャケット29万4000円、スカート37万8000円を着用の写真だ。同じく国会議事堂内である。5ページ目は37万9500円のジャケットを着て写真に納まっている。

 いったい日本の女性の何人が、こんなに高価な衣服に袖を通す機会があるのだろうかと、まず値段に仰天した。そして、政治家のインタビュー記事になぜ衣服のブランド名から値段までが詳細に書き込まれているのかが奇異に感じられた。

 この女性政治家は、事業仕分けで日本のスーパーコンピューターの技術は「1位でないといけないんですか」という質問を発したが、尖閣問題でも、中国船の船長が釈放されたのは「ベストな選択だった」といい切っている。

 インタビューの中では「ギャルからOLのお姉さんまで全員立ち止まる政治家というのは、私しかいない」といってはばからず、「私がトップスピードで走り続けるしかないのだと思います。誰もが私みたいになれるようになるまで、それくらいまで頑張りたいと思います」と、すべての人が自分のようになるなら良いと語る。

 さらに、現在の仕事が「楽しくて仕方がない」と繰り返し述べ、最後に「1円の重みがわかっていない人に1円の徴収権はない」「その感覚は政治家全員が持つべきですし、私はそうありたい」という言葉で結んでいる。

 さて、深まる秋の夜長に考えてみた。

 「総理という選択肢も私の中では否定していません」という彼女は、総額にして130万円以上のブランド物のスーツに身を包み、1円という金額の重みをどう考えているのだろう。そして事業仕分けとは、そんなに楽しい作業なのだろうか。

 彼女に171万票を投じて参議院議員に選出したのは、まぎれもなく私たち日本人である。この先も続く民主党政権下で、日本の基盤がどこに漂流するのか、不安は募るばかりだ。

 そもそも総理という仕事は自分が選択するものではないだろう。民意によって選出されるものであるが、その結果はすべて国民に返ってくる。それをつくづくと思い知らされる一件だった。(くどう みよこ)

-------------ここまで産経ニュースより引用です------------


金銭感覚どころか、他の感覚もずれているよな。
自分の子供がマジコン使うのを手助けしたり。

こういう人に、こういう党に、政権を渡した選挙民が悪いんだよな。

東京都民として、あれだけ多数の票がこういう人に入ったことには
とても恥ずかしく感じたものだが、どんどんその思いは強くなっている。
posted by おろし at 23:40| Comment(0) | TrackBack(0) | 趣がある | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年08月18日

菅首相「足の引っ張り合いだけでは」

菅首相「足の引っ張り合いだけでは」
2010.8.17 09:40

 菅直人首相は16日、ねじれ国会への対応に関連し、戦前の二大政党による政党政治を引き合いに「足を引っ張り合うばかりで政治の機能を果たせなくなるのか。与野党を超えた政党政治が問われている」と述べ、野党を牽制(けんせい)した。首相官邸で記者団に語った。

 首相は、昭和初期の政友会と民政党による政党政治が五・一五事件によって終焉(しゅうえん)した歴史をひもとき、「当時も民主主義が定着するかという期待もあったが、2つの政党がスキャンダル合戦とか、軍部をひきこむようなことをやって自己崩壊した」と指摘。野党からは「かつての民主党の姿勢を棚上げしている」との批判も上がりそうだ。

------------ここまで産経ニュースより引用です------------


足を引っ張ることしかできなかった党の現党首が
よくぞまあこんなことを言えたものですね。
呆れます。呆れすぎます。

もう既に、ブーメランにも失礼です。
posted by おろし at 17:03| Comment(0) | TrackBack(0) | 趣がある | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年08月16日

【正論】筑波大学大学院教授・古田博司 史実書きかえは韓国の方が困る

【正論】筑波大学大学院教授・古田博司 史実書きかえは韓国の方が困る (1/3ページ)
2010.8.16 03:11

 今年は日韓併合100年記念ということで、韓国で日韓併合条約無効論が盛りあがりを見せ、日本の非良心的・反進歩的知識人が5月に、それに同調する声明を出した。今回、自信喪失内閣が、首相談話で「無効」論に荷担しなかったことは、ひとまず慶賀しなければなるまい。

 ≪「無効」では辻褄が合わなく≫

 遠く異朝をとぶらえば、朝鮮王朝などという王朝はなかった。朝鮮国の李朝である。この李朝は高麗武将のクーデターによる簒奪(さんだつ)王朝である。国名は明に決めてもらった。米ハワイ大学図書館には朝鮮から中国への書状の写しが残されているが、17世紀から18世紀までの4人の王の賀状が含まれている。即位の年には、「朝鮮国、権署国事、臣李某」から始まり、「国事をかりに処理する臣下の李」とはっきり書かれている。朝鮮は中国の属国であった。

 19世紀に入り、日清戦争の結果、下関条約により朝鮮は独立し、大韓帝国となった。その後、1910年に日韓併合されて日本植民地となるのだが、2001年の国際会議で英ケンブリッジ大学の国際法学者、J・クロフォード教授が主張されたように、「強制されたから不法という議論は第一次世界大戦以降のもので、当時としては問題になるものではない」。

 しかし韓国では、併合条約は強制されたもので、不義不当であり、ゆえに不法無効であると言いつづけている。無効では勿論(もちろん)ないが、かりに無効だとすれば、かえって困ることになるのではないか。下関条約以降、今日までずっと独立国だったということになる。さすれば、当時の大韓帝国の主権であった王権は一体いつ消滅したのか。民権にいつ移行したのか。27代の王、純宗が1926年に逝去する。子の李垠は戦後まで王宮に帰らなかったので、純宗の死と共に王権は消滅したのである。大韓民国が民権をもってスタートするのは、1948年の建国以降であるから、それまでの22年間、主権の空位が生じてしまう。「日本国権署国事期」とでもするのであろうか。


【正論】筑波大学大学院教授・古田博司 史実書きかえは韓国の方が困る (2/3ページ)
2010.8.16 03:11

 ≪「不幸な歴史」は認めるが…≫

 韓国の歴史が不幸であったことは筆者も認める。中国の属国から、近代日本にもぎ取られて植民地となり、国権は失ったものの、ようやく白衣貧窮の古代経済から解放された。年平均3・7%の経済成長を遂げ、近代日本によって移植された民法典と私有財産制は朝鮮人すべての財産を守った。コメは増産され、経済法則に則(のっと)って日本に輸出された。これらはすべて、韓国の経済史学者らによって実証されたことである。

 しかるに、戦後、38度線で体制が北と南に分裂した。北はソ連の傀儡(かいらい)国家から始まり、主体思想により自立の道を歩もうとしたが、経済の不振はふたたび朝鮮を中国の半属国の地位におとしめてしまった。中朝の歴史をフラッシュバックするように、北はしょっちゅう中国へお伺いを立てに行く。

 韓国は一層努力した。前身は、属国と植民地だけの歴史である。独立は自力で勝ち得たものではなく、アメリカから棚ぼた式で降ってきた。そして三方を海に囲まれ、北方には行けず、いわば「島化」したのだが、この困難な状況下で国民国家として何とか自立しなければならなかった。そのため他律性そのものであった歴史を自立的な歴史に書きかえようと奮闘した。それを日本の左派学者たちが虚偽の学説で支援しつづけた。


【正論】筑波大学大学院教授・古田博司 史実書きかえは韓国の方が困る (3/3ページ)
2010.8.16 03:11

 ≪教育の改悪を止めること≫

 彼らは言った。朝鮮の農村マニュファクチュアは1860年代に成立していた、と。日本では桜田門外の変の頃である。あり得べくもない話だが、その資本主義の萌芽(ほうが)を植民地日本が摘んでいったのだと、韓国の左派学者は主張した。ちなみに現在のイギリス史では、農村マニュファクチュアが資本主義の萌芽になることを既に否定している。毛織物では寒い地方しか着ないから販路が狭すぎる。独立自営農民たるヨーマンは、もうけると皆地主になった。資本主義は綿織物をもってインドとの三角貿易に従事したジェントリーが起こしたものである。これを現在のイギリスで「ジェントルマン資本主義」と称している。

 韓国は立派に資本主義国家として自立し、歴史上初めて中国の影響下を脱することができたのである。最早(もはや)これ以上、歴史を改竄(かいざん)する必要がどこにあるのだろうか。

 もうよい、韓国人よ、正気にもどれ。韓国の歴史教科書がひどい内容であることは、韓国の心ある人々はもうみんな知っている。日本人も、非良心的・反進歩的知識人以外はみんな分かっている。教育がこれ以上悪くなれば、推計300万といわれるアメリカ等への脱南移民はさらに増えることだろう。タイムマシンに乗ったつもりで、過去の事実を書きかえれば書きかえるほど、現在との矛盾に苦しむのは寧(むし)ろあなた方なのだ。

 最後に、日本人の優しさから今回貴重な図書を渡すが、どうか行方不明の例をこれ以上作らぬよう、保管力を是非高めていただきたい。(ふるた ひろし)


-----------ここまで産経ニュースより引用です------------


韓国人に正気に戻れと言っても無駄ではないでしょうか。
正気が正気じゃないのでしょうから。
もしもまともならばここまでひどいことにはなっていないでしょうし。
posted by おろし at 08:53| Comment(0) | TrackBack(0) | 趣がある | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年07月05日

はやぶさカプセルに微粒子 宇宙機構、成分を分析へ

はやぶさカプセルに微粒子 宇宙機構、成分を分析へ
2010年7月5日3時3分
  
 小惑星探査機「はやぶさ」が小惑星「イトカワ」から持ち帰ったカプセルに、微粒子が入っていたことが分かった。宇宙航空研究開発機構の関係者が、朝日新聞の取材に明らかにした。微粒子は地上で混入した可能性もあり、宇宙機構は成分を詳しく分析し、イトカワで採取できたものかを調べている。イトカワの物質なら、月以外の天体に着陸して試料を持ち帰った世界初の例となる。

 カプセルは、特殊な装置の中で開封され、内部にあるサンプルキャッチャーと呼ばれる採取容器内で微粒子が見つかった。ただ、ごく微量だという。顕微鏡で観察しながら一粒ずつ分析する。

 はやぶさは2005年11月にイトカワに着陸、試料採取装置は正常に作動しなかったが、着陸で舞い上がったほこりが採取できた可能性が指摘されていた。1ミリ以上の砂が入っていないことは、開封前のX線撮影でわかっている。

 宇宙機構は今後、微粒子に含まれる同位体や結晶構造などから地球上のものと異なるかを判断する。川口淳一郎プロジェクトマネジャーは、カプセル回収後、「微量なら分析を待たなければならず、結果が出るまで数カ月から半年かかる」と話していた。

 イトカワは、46億年前に太陽系ができた当時の状態を保っていると考えられ、試料の組成や構造を突き止めることで、当時の様子を知る手がかりになると期待されている。

 はやぶさは03年5月に打ち上げられた。トラブルが相次ぎ、何度も帰還が絶望視されたが、研究者らのアイデアで克服。6月13日、60億キロの旅を終え、7年ぶりに地球に帰還した。本体は大気圏突入時に燃え尽きたが、その直前にカプセルを切り離し、地上に送り届けることに成功した。(小宮山亮磨、東山正宜)

------------ここまでasahi.comより引用です------------



よくやったよ
よくやったよ
また泣けるよ


その微粒子から何かがわかるといいなあ


楽しみ
posted by おろし at 08:09| Comment(0) | TrackBack(0) | 趣がある | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

通話・メール無料 468x60
こだわりのQ10、アルファリポ酸、L-カルニチンサプリ登場。SAKURA PLACEでは美と健康についての願望にできるだけ近づける商品を常に企画しております。
DHA&EPA468x60
一生の宝物が探せるチタンの日用雑貨通販ショップ【チタンでネット】が健康バリアフリーのお手伝い!飲物がまろやかに美味しくなる不思議なマグカップが人気!景品グッズなども取り揃えております。


広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。