2011年04月23日

福島原発、当初は事故でない「レベル3」と評価 保安院

福島原発、当初は事故でない「レベル3」と評価 保安院

2011年4月23日15時1分

 経済産業省原子力安全・保安院が、福島第一原子力発電所の事故について、事故やトラブルの深刻さを示す国際原子力事象評価尺度(INES)で当初は「レベル3」と暫定評価していたことがわかった。レベル3は「事故」ではなく「事象」に分類される。保安院の初動の認識が甘かったことを示した。

 保安院は3月12日夜の記者会見でINESで「事故」にあたるレベル4と発表した。その後、旧ソ連チェルノブイリ原発事故に匹敵する最高のレベル7にまで引き上げられた。

 レベル3の評価は地震発生から約10時間後の3月12日午前0時半の段階。福島第一1〜3号機、福島第二1、2、4号機について地震と津波の影響で、外部電源も非常用電源も使えなくなっており、原子炉から熱を除く機能が失われたことから評価した。

 その2時間半後には福島第一原発で放射性物質を含む蒸気を外部へ放出する排気(ベント)の方針が発表された。このころ、すでに原子炉につながる配管の隙間などから放射性物質が外部に漏れ出していたとみられ、12日午前6時には中央制御室の放射線量が通常の1千倍に上がったと公表された。

 保安院は3月18日に米国スリーマイル島原発事故に相当するレベル5、4月12日に旧ソ連チェルノブイリ原発事故と同じレベル7に暫定評価を引き上げた。

 INESはレベルが0〜7まで8段階ある。トラブル発生後、24時間以内に暫定評価して国際原子力機関(IAEA)に報告するのが原則的なルールだ。

 住田健二・大阪大名誉教授は「進行中の事故を評価するのは難しい」としたうえで、当初レベル3とした評価について「今からふりかえってみれば、認識が甘かった証しなのではないか」と話している。(小堀龍之)

-------------ここまでasahi.comより引用です-------------


フランスやアメリカなどの機関の方がきちんと評価していたという現実を
どう捉えてどう評価すればいいんでしょうかね。
この機関は何をしていたんでしょうか。
何を企み、何を隠していたんでしょうか。
・・・そう考えられても仕方がないんじゃないかな。


 
posted by おろし at 19:40| Comment(0) | TrackBack(0) | できごと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年04月20日

トウホク食い荒らす?被災地に跋扈する不気味なアジア人

トウホク食い荒らす?被災地に跋扈する不気味なアジア人
★あの衝撃映像流出の元海上保安官らが遭遇
2011.04.20

 東日本大震災の被災地に今月初め、中国漁船衝突事件をめぐる映像流出事件で起訴猶予処分となった一色正春元海上保安官が同志とともに緊急物資支援に出かけていたことが分かった。津波がすべてを破壊し尽くした被災地で、支援団一行は、得体の知れないアジア人に遭遇したという。

 一色氏は昨年11月、沖縄・尖閣沖での中国漁船衝突事件の真実を国民に知らせるため、衝突映像をインターネットに流出させた人物。

 直後に名乗り出て、国家公務員法(守秘義務)の任意聴取を受ける。同年12月に海上保安庁を依願退職し、今年1月に起訴猶予処分が決定。2月には告白手記「何かのために」(朝日新聞)を出版し、最近は講演活動も行っている。

 物資支援団には、一色氏のほか、元警視庁捜査官でノンフィクション作家の坂東忠信氏や元仙台市長の梅原克彦氏、チャンネル桜の水島聡社長など約10人が参加。避難所に食料品や日用品を届けるため、トラック2台とワゴン車、乗用車の4台に分乗して、4月2日朝に被災地に向かった。

 翌3日午前、津波で壊滅状態となった岩手県陸前高田市に到着。がれきの山の前で車を止めて、外に出たところ、支援団の1人が得体の知れない中年女性に会ったという。坂東氏は語る。

 「メンバーの1人が声をかけると、中年女性はたどたどしい日本語で『ココからココまで、ワタシの家だったのに、みんな壊れたよ!』と訴えたというのです。アジア人なのは間違いない。表情に悲壮感はなく、乗っていた車は多摩ナンバー。みんなで『怪しすぎる』と話しました」

 一行が連想したのは、戦後の混乱期、一部のアジア人が持ち主がよく分からない土地を不法占拠したこと。大惨事の影で、土地収奪などを狙っている者がいるとすれば大問題。陸前高田市の避難所に支援物資を届けた後、この話をボランティアの地元男性にすると、「多摩ナンバーのアジア人などあり得ない」と驚いていた。

 その後、支援団は岩手県大船渡市と石巻市にある避難所を回ったが、途中、銀座を闊歩するような高級な服を着て、被災地にたたずむ老夫婦と会った。メンバーが「どちらからお越しですか?」と声をかけると、無視して立ち去ろうとする。重ねて聞き返すと、「カナガワ!」とだけ答えた。発音は明らかに日本人ではなかったという。

 坂東氏は「ともに不自然なのは間違いない。国籍に関係なく、犯罪は許されない。被災者らが自警団が結成しているというが、新たな苦難を背負わせるのは忍びない。政府主導で対応してほしい」と話している。

----------ここまでZAKZAKより引用です----------


ビートたけしが言ったように火事場泥棒は即刻射殺でいいんじゃないかな。
もちろん確認が取れないといけないが。

朝鮮進駐軍のようなケースもあり得ないとは言えないわけだし、
そしてまたお隣の大国も怪しいとしか言いようがないわけだし。

政府主導で対応して欲しい・・・残念ながら政府が民主党なんだよな。。。
 
posted by おろし at 18:56| Comment(0) | TrackBack(0) | できごと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年04月11日

菅政権ネット規制強化 国民をもっと信用すべきと専門家指摘

菅政権ネット規制強化 国民をもっと信用すべきと専門家指摘
2011.04.11 16:00


菅政権は長く問題点が議論されてきたコンピュータ監視法案を、震災のドサクサの中で閣議決定した。 これは捜査当局が裁判所の捜査令状なしでインターネットのプロバイダに特定利用者の通信記録保全を要請できるようにするものだ。

指宿信・成城大学法学部教授はこう指摘する。

「当局が通信傍受を行なう場合は組織犯罪に限るなど厳しい制限があり、国会報告も義務付けられている。しかし、この法案はやろうと思えば誰のネット通信記録でも安易に取得されてしまう危険性がある」
この法案の閣議決定と歩調を合わせるように、警察庁はネット上の「デマの規制強化」に乗りだし、名誉毀損などで摘発も検討する方針を打ち出した。

警察庁OBの大貫啓行・麗澤大学教授が語る。

「ネットの掲示板にはデマも多いが、それをデマだと打ち消す情報もある。大震災や原発事故にかかわるネット情報が氾濫していることに、捜査当局がパニックになって冷静な判断ができていない印象がある。言論の自由が浸透する日本国民をもっと信用すべきです」

※週刊ポスト2011年4月22日号

-------------ここまでNEWSポストセブンより引用です------------


自分たちの思い通りにならないことはすべて取り締まるという民主党。
独裁主義ですかね。一党独裁を目指しているんですかね。
どこかの国やどこかの国のように。。。

posted by おろし at 20:12| Comment(0) | TrackBack(0) | できごと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年04月06日

新幹線 揺れ9秒前にブレーキ

新幹線 揺れ9秒前にブレーキ
4月5日 19時20分

今回の地震で、東北新幹線は地震の揺れをいち早く検知するシステムが作動して、最初の揺れの9秒前、最も大きい揺れが起きる1分10秒前に非常ブレーキをかけて減速を始めていたことが分かりました。JR東日本は、この効果もあって新幹線が脱線を免れたとみて、データの詳しい解析を進めています。

地震発生当時、東北新幹線は27本の列車が乗客を乗せて走っていましたが、いずれも脱線せず停止しました。JR東日本は、東北新幹線の沿線のほかに、太平洋沿岸にも岩手県の宮古や宮城県の牡鹿半島などに9つの地震計を設置し、揺れをいち早く検知して列車を減速させる「早期地震検知システム」を備えています。今回は、東北新幹線の線路からおよそ50キロ離れた牡鹿半島の地震計が、午後2時47分3秒に運転中止の基準となる「120ガル」という地震の加速度を捉えました。このため、システムが自動的に架線を停電させ、走行中の新幹線は一斉に非常ブレーキをかけて減速を始めました。このうち、線路沿いの地震計が最も大きな揺れを観測した仙台駅と、1つ北の古川駅の間には「はやて27号」と「やまびこ61号」が走っていましたが、JR東日本がデータを解析したところ、これらの列車が非常ブレーキをかけた9秒後から12秒後に最初の揺れが始まりました。そして1分10秒後に最も強い揺れが起きていました。このとき新幹線が何キロまで減速できていたかは分かっていませんが、JR東日本は強い揺れの前に減速を始めていたこともあって、新幹線が脱線を免れたとみて、さらに詳しくデータの解析を進めています。

------------ここまでNHKニュースより引用です------------


新幹線すごい。
すごい。
超すごい。
 
 
posted by おろし at 20:34| Comment(0) | TrackBack(0) | できごと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

計画停電で「ガリガリ君」ピンチ

計画停電で「ガリガリ君」ピンチ 2011年04月04日

 長期化しそうな東京電力の計画停電の影響が、昨夏の猛暑で“品薄騒動”まで起きた大人気アイスキャンディー「ガリガリ君」にも及んでいた。
 ガリガリ君といえば、昨夏の猛暑で飛ぶように売れたことで、一時期「どこに行っても買えない」と話題になった。今年の夏も、その可能性が急浮上している。というのも実は、ガリガリ君は計画停電の地域に該当する、埼玉県深谷市の赤城乳業本社工場だけで生産されているからだ。
 赤城乳業の広報担当者は「停電になれば、工場の操業をストップせざるを得ません。また、1日に2回も停電がある日には、その日、丸1日は操業しません。昨夏に品薄となった時には、土日はもちろん、工場を24時間フル回転させましたが、停電では工場が動かせませんから」と事情を明かす。
 日本の店頭に並ぶガリガリ君のすべてを作っているただ一つの工場が稼働できておらず、実際に去年の同時期に比べて「生産量は3割減です」(同)という。
 計画停電で思わぬ大打撃を受けている産業の一つが、アイスクリーム業界だ。日本アイスクリーム協会の広報担当者は「実際に生産量を減らしたり、新製品の発売を延期したりする企業もあります」と、ため息をつく。
 計画停電の影響は、すでに消費者の「買い控え」を呼んでいる。「業界全体で昨年の同時期の6割ほどとなっています。店頭の冷蔵庫や家庭の冷蔵庫の問題もあると思われます。(停電で冷蔵庫が動かなくなれば)『溶けてしまう』という心理が働くのではないでしょうか」(赤城乳業担当者)
 このような「生産減+消費減」というダブルパンチもあり「この1週間、緊急会議で対策を練ることになっていますが…。本当のところ、どうなるか分かりません」と赤城乳業の担当者。最後に「アイスクリームという食べ物は人をホッとさせる、楽しい気持ちにさせると思っております。日本全体が大変な時ですが、そういう気持ちで製品をお届けしたい」と訴えた。


------------ここまで東スポWebより引用です------------


ガリガリ君に拘りはないけど、
赤城乳業がピンチだと困った話になるかもしれない。
いろんな氷系アイスを食べているもんね。
気がつけば赤城乳業だったりするわけで・・・


 
posted by おろし at 04:44| Comment(0) | TrackBack(0) | できごと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年04月01日

福島第1原発:「事故起こるべくして起きた」元技術者証言

福島第1原発:「事故起こるべくして起きた」元技術者証言

 東日本大震災の津波で外部電源を失い、放射性物質漏れ事故を起こした東京電力福島第1原発の6号機の建設や他の原子炉の改修などに、米ゼネラル・エレクトリック(GE)関連会社の技術者としてかかわった宮崎県串間市の菊地洋一さん(69)が「当時現場で起きていたことからすれば、起こるべくして起きた」と述べ、同原発の配管工事などの一部がずさんな施工管理下で建設されていたとの見方を明らかにした。毎日新聞の取材に答えた。

 菊地さんは1970年代、同原発の建設や改修工事に携わり、6号機は建設の工程管理を担当した。米国から送られてきた設計図はミスが多く、一つの配管で10回以上の変更を余儀なくされたこともあった。配管内に1.8センチの出っ張りを見つけ、「蒸気の流れが変わり配管が傷みやすくなる」と上司に訴えた。しかし、国の検査後で、工程が遅れてしまうとして、東電に伝えられないまま放置された。

 日本の原発メーカーから耐震性について質問を受け、GE本社に問い合わせたが明確な答えが返ってこないこともあった。「そもそもGEは地震について十分に考えて設計していなかった」と菊地さんは振り返る。

 6号機を完工し帰任しようとしたころ、別の原子炉の圧力容器につなぐ給水用配管の改修工事を任された。「2号機か3号機だった」と菊地さん。配管は全面にわたりひび割れしていた。「設計ミスが原因だった。人間は誤りをおかすが、それが許されないはずの原発でも同じことが起きていた」。改修工事で圧力容器内に入ったが、一時的に白血球の数値が減少。悪条件下の作業だと実感した。「当時は、社内で原発の危険性を指摘しても聞き入れられず、会社を辞めて国に訴えても通じなかった」と唇をかむ。

 79年に米スリーマイル島の原発事故が起きたこともあり、80年に退社。50歳を過ぎたころから反原発運動に取り組むようになった。

 「原発は政治家や官僚、電力会社などによって推進され、国民は蚊帳の外だった。でも地震や津波はどこでも起きる。今こそ、一人一人が原発について考える時だ」と話した。【関谷俊介】

------------ここまで毎日.jpより引用です------------


「当時現場で起きていたことからすれば、起こるべくして起きた」

原子力、放射線被曝ということについての安全意識が当時は低かったのでしょうか?
そうですか?
原爆を落とされた国がですよ。


国や役所のやっつけ仕事や、政治屋や取り巻きの利権が第一だったのではないですか?



「そもそもGEは地震について十分に考えて設計していなかった」
「そもそもGEは地震について十分に考えて設計していなかった」
「そもそもGEは地震について十分に考えて設計していなかった」
「そもそもGEは地震について十分に考えて設計していなかった」
「そもそもGEは地震について十分に考えて設計していなかった」


とても大事なことなので5回繰り返しました。




アメリカにありがとうというのも当然だけど、
アメリカが助けるのも当然なのかとも思えます。
posted by おろし at 07:35| Comment(0) | TrackBack(0) | できごと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年03月23日

海から2キロの田んぼにイルカ 市民・ボランティア救助

海から2キロの田んぼにイルカ 市民・ボランティア救助
2011年3月23日8時40分

 「田んぼにイルカがいる」。被災地でペットを保護しているボランティアに22日午前、耳を疑う電話が入った。場所は仙台市、海岸から2キロほど陸側に入った田園地帯。かすかな命を助けようと救出作業が始まった。

 ペット関連会社「ドックウッド」(仙台市)を経営する平了(りょう)さん(32)はこの日、宮城県石巻市で被災集落を訪ねる予定だった。震災後、仲間たち約30人で、飼い主とはぐれたり、避難所で育てきれなくなったりしたペットを預かる活動を続けている。

 これまで保護したのは犬や猫、約80匹。電話が伝える内容を、動物のことだと理解するのに時間がかかった。ワゴン車で石巻市から急行。目に飛び込んできたのは、田んぼにたまった海水で、苦しそうに身をくねらせるイルカの一種、スナメリだった。

 「救助」を依頼したのは、仙台市内の佐藤昌幸さん(55)。近くを自転車で通っていて、バシャバシャという音を聞き、黒褐色の体に気づいた。「見つけてしまうと何とかしないとね。こいつも津波の被害者だから」。避難所にはってあったペット保護の連絡先に望みを託した。

 平さんと知人の3人は、落ちていた車のパーツと布団で「担架」を用意。近くにあった網ですくおうとするがうまく行かず、最後は平さんが長靴で田んぼに入り、スナメリを抱きかかえた。

 県内の水族館は被災して電話がつながらない。知り合いを通じて連絡した獣医師は「ぬらしたタオルで背中を覆って海に放すしかない」。がれきを縫うようにワゴン車で海を目指し、最後は砂浜に足を取られながら、海に戻した。

 少しずつ沖に行く姿を見て平さんは「生きていけるかわからないけど、田んぼで死ぬより全然いいでしょう。よかった」。専門家によると、仙台沖は、スナメリの太平洋側での生息の北限。体長や体色から、津波で群れからはぐれた子どもとみられる。(泗水康信)

-----------ここまでasahi.comより引用です-----------

津波と一緒に田んぼまで来ちゃったんですかね。
たぶん衰弱しているんだろうけど、
生きていけるといいなって思います。

びっくりだ。。。
posted by おろし at 20:41| Comment(0) | TrackBack(0) | できごと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年03月16日

“北の鉄人”被災地で奮闘「力仕事は任せろ」

“北の鉄人”被災地で奮闘「力仕事は任せろ」 
 
 かつてラグビー日本選手権を7連覇し“北の鉄人”と称された新日鉄釜石を母体とするクラブチーム「釜石シーウェイブス」。東日本大震災で壊滅的な被害を受けた岩手県釜石市に、今も拠点を置く。選手とその家族は全員無事。屈強なラガーマンは「力仕事はおれたちに任せろ」と被災者支援に奮闘している。

 シーウェイブスの選手は15日、釜石市内の特別養護老人ホームを訪れた。施設は停電中でエレベーターは動かない。自宅に戻る車いすの男性を5人がかりで抱え、2階から1階に下ろした。施設側は「まだ連絡が取れないスタッフがいる。人手不足の中、大助かりだ」と歓迎する。選手らは午前、午後と施設を訪れ、まき割りなどもこなす。

 シーウェイブスの選手らの多くもクラブハウスに避難。しかし避難生活も落ち着きつつあり、クラブの主務を務める仲上太一さん(42)が14日、「普段応援してもらっている市民に恩返しがしたい」と市に申し出た。トップリーグ昇格を目指すシーウェイブス。仲上さんは「ラグビーでも頑張って市民を勇気づけたい」と話した。


-------------ここまでSponichi Annexより引用です------------


釜石といえばやっぱり新日鉄釜石なわけで、
北の鉄人なわけです。

地震が起きたときには心配したけれど皆さん健在なようで何より。
日頃鍛えたパワーで勇気と元気を分け与えて欲しいものです。

ガンバレ釜石。
ガンバレ東北。
ガンバレ地震の影響を受けているすべての人々。
ガンバレ支援するすべての人々。
ガンバレ日本。
posted by おろし at 16:24| Comment(0) | TrackBack(0) | できごと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年03月13日

政府、徹夜の対応「国力を挙げて救難、救援を」

政府、徹夜の対応「国力を挙げて救難、救援を」

 政府は12日午前も、前夜から菅首相や枝野官房長官が夜を徹して首相官邸に詰めるなど、東日本巨大地震への対応に追われた。

 首相は早朝、陸上自衛隊のヘリコプターで首相官邸を出発し、周辺住民に避難指示が出ている東京電力福島第一原子力発電所(福島県)を訪れた。首相は東京電力の武藤栄副社長らから現状の説明を受け、約50分間視察。また、津波被害が大きかった宮城、福島両県の沿岸部などを上空から視察した。

 昼前に首相官邸に戻った首相は「改めて津波の被害が大きいと実感した」と記者団に述べた。

 一方、首相官邸では午前8時半過ぎから首相以外の全閣僚による「緊急災害対策本部」が開かれ、枝野官房長官が「国力を挙げて救難、救援活動にあたってほしい」と訴えた。災害対策基本法に基づく同本部が設置されるのは同法制定以来今回の地震が初めてで、同日午前の会合は、今回の地震では計4回目となった。

 緊急災害対策本部は首相が「著しく異常かつ激甚」な災害と認める時に設置する組織。1995年の阪神大震災の教訓から機動性を高めた組織で、本部長の首相が閣僚に直接指揮し、指示が迅速なのが特徴だ。

 枝野氏は会議後の記者会見で、12日になっても岩手県の住田、大槌両町役場と連絡が取れない状態が続いていることを明らかにした。また、韓国からの救援チームが近く被災地入りするとの見通しを示した。

 政府は被災地の岩手県に平野達男内閣府副大臣を団長とする政府調査団、福島県に吉田泉財務政務官を団長とする調査団を派遣した。

(2011年3月12日11時28分 読売新聞)

------------ここまでYOMIURI ONLINEより引用です------------


まずお亡くなりになった方々のご冥福をお祈り申し上げます。

被災された方々にお見舞い申しあげます。


北関東にある私の実家も多少なりとも被害を被りました。
東京にいる私は帰宅難民となりましたが当日に徒歩で帰宅できました。



原発の問題などで被害が広がらないよう祈ります。
そして孤立されている方々の一刻も早い避難・救出を祈るばかりです。




今はまだ多くを語れません。


がんばろう日本!
posted by おろし at 08:59| Comment(0) | TrackBack(0) | できごと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年03月05日

前原外相認めた!外国人から違法献金

前原外相認めた!外国人から違法献金

 前原誠司外相は4日の参院予算委員会で、自民党の西田昌司氏の質問に対し、政治資金規正法が禁止している外国人からの献金受領を認めた。前原氏は陳謝し「返金して政治資金収支報告書を訂正したい」と述べた。民主党幹部は「故意なら議員辞職、故意でなくても閣僚は辞めざるを得ない」と進退問題に言及。菅直人首相が政権運営で苦闘する中、ポスト菅の有力候補の一人とされる前原氏に打撃となった。

 参院予算委後の記者会見で前原氏は「すべて私の責任だ。全体をしっかり調べた上で、どのように判断するか決めたい」と強調。「判断には進退も含まれるのか」との記者団の問いには「しっかり調べることが大事だ」と述べるにとどめた。

 政治資金収支報告書などによると、献金したのは京都市山科区で焼き肉店を経営する在日韓国人の女性(72)。西田氏は、この女性から前原氏は少なくとも4年間で20万円の寄付を受けていると指摘し、前原氏は5万円の受領を認めた。

 政治資金規正法は政治が外国の勢力から影響を受けることを防止するため外国人や外国企業からの寄付を禁じている。(共同)

 [2011年3月4日20時19分]

------------ここまでnikkansports.comより引用です------------


外国の勢力からの影響を防止するため・・・まさに影響されちゃってますね。
民主党なんかは露骨にそうなっていると感じます。

民主党に限らず全議員についてしっかり調査して欲しいものです。

基本的に日本は日本人のものです。
そんな基本を壊すような勢力、それに与する議員は消えるべきです。
posted by おろし at 08:19| Comment(0) | TrackBack(0) | できごと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

通話・メール無料 468x60
こだわりのQ10、アルファリポ酸、L-カルニチンサプリ登場。SAKURA PLACEでは美と健康についての願望にできるだけ近づける商品を常に企画しております。
DHA&EPA468x60
一生の宝物が探せるチタンの日用雑貨通販ショップ【チタンでネット】が健康バリアフリーのお手伝い!飲物がまろやかに美味しくなる不思議なマグカップが人気!景品グッズなども取り揃えております。


広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。