2010年03月05日

「首相は国家意識が少ない。『国防は最大の福祉』という言葉もある。国民は泥船の鳩山丸には乗りたくない」

ヒゲの隊長「国防は最大の福祉」に首相「外交努力も大事」 参院予算委
2010.3.5 12:42

 鳩山由紀夫首相は5日午前の参院予算委員会で、日本の安全保障政策について「国民の命を守る立場から国防の重要性は認識している。外交努力で周辺の国々との信頼を高めることも極めて大事だ」と強調した。

 「ヒゲの隊長」として知られる元陸上自衛隊イラク派遣部隊初代隊長の佐藤正久氏(自民党)が「首相は国家意識が少ない。『国防は最大の福祉』という言葉もある。国民は泥船の鳩山丸には乗りたくない」と批判したのに答えた。

 また、佐藤氏は、社民党党首の福島瑞穂消費者・少子化担当相に朝鮮戦争が北朝鮮による侵略かどうかを質問した。ただ、福島氏は「日本の閣僚の一人であり、朝鮮戦争について見解を言う立場にない。ある国とある国の歴史的な事実関係については差し控えたい」と事実上、答弁を拒否した。


-------------ここまで産経ニュースより引用です------------



確かに泥船の鳩山丸なんてまっぴらごめんです。
どれだけお花畑なのかわからないけれど、
信頼を高めることができるようになってから
信頼を高める云々と言って欲しいものです。
自分の話にどれほど説得力がないかということに
残念ながらまったく気がついていないようです。


そして福島瑞穂。
休戦中の近隣諸国について意見を発せられないとは
閣僚としてはかなり不適切ですね。
やっぱり言いにくいんですかね。
こういう人に被選挙権なんて与えない方がいいと思います。
http://senkyomae.com/p/9.htm
たとえば帰化人でもいいのですよ。
日本を愛し日本の国益ため日本国民のために働けるならば。
ただ日本のために働くという意識の薄い人、
そしてまた国旗も敬えず国歌も歌わず、
明らかに異常と思われる発言を繰り返している人は
大迷惑なだけです。
posted by おろし at 23:01| Comment(0) | TrackBack(0) | 主義主張 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年02月12日

それを独裁という

「中国に反対派は存在しない」外務省報道官が記者の質問にかみつく
2010.2.11 19:42

 「中国にはディシデント(反対派)は存在しない」。中国外務省の馬朝旭報道局長は11日の定例会見で、中国共産党独裁体制の廃止などを呼び掛け、国家政権転覆扇動罪で懲役11年の判決を受けた劉暁波氏らを指して外国記者が使った表現に「あなたの言葉は誤りだ」とかみついた。

 局長は「中国は法治国家であり、犯罪か非犯罪かの区別があるだけだ」と強調。劉氏は反対派だから投獄されたのではなく、法に反したからだと言いたかったようだが、「反対派」存在の否定は、かえって党や政府の考え方しか認めない中国の独裁体質を印象付ける形となった。

 別の記者がさらに「ディシデントは政府の政策に同意しない者の意味だが、中国にはいないのか」と追及すると、局長は「言葉の定義で議論したくないが、中国ではこの言葉の使用は適切でない」とかわした。(共同)

-----------ここまで産経ニュースより引用です-----------


それを独裁というのです





日本はこんな国・一党独裁に阿る政府でいいのでしょうか。



ある程度の距離を保つのは絶対に必要だと思います。

posted by おろし at 09:19| Comment(0) | TrackBack(0) | 主義主張 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月18日

無防備宣言、那覇市議会否決

認識に差 理解進まず 無防備宣言、那覇市議会否決
2010年1月16日

「那覇市無防備平和の街づくり条例」制定を求めて意見陳述する元ひめゆり学徒の池間美代子さん=13日、那覇市議会本会議場
 市民1万2172の署名により直接請求された「那覇市無防備平和の街づくり条例」制定は、12、13の両日に開かれた那覇市議会1月臨時議会で、賛成3、反対36という賛成少数で否決された。請求代表者は「憲法9条に息を吹き込む運動」などと主張してきたが、賛成した社社連合を除き、唯一の革新政党会派の日本共産党は「那覇市が戦場になることを想定した宣言は憲法9条改悪と同じ議論となる」と反対した。共産党は全国的に同様の趣旨で無防備宣言に反対の姿勢を示している。請求代表者にとっては平和の実現を目指した条例制定請求だったが、手法や解釈、憲法9条の認識が異なり、社社連合以外の議員の賛同は得られない結果となった。

 これまで審議されてきた28自治体中、2自治体を除き市長意見は制定に反対で、主な理由は「防衛は、自治体ではなく国の管轄」という趣旨だった。翁長雄志市長は反対意見を示したものの「国管轄」の論拠を使わず「武力紛争時が前提の国際条約を根拠とする条例は、憲法の理念に相いれない」とする憲法論を用い「相手の土俵に乗った」(野党市議)形で反対理由を示した。保守系の翁長市長の意見と日本共産党会派の反対討論内容がくしくも重なる結果となった。
 社社連合は採決前日の11日、2時間半に及ぶ会派内会議を開き、会派としての賛成を決めた。会議の中では賛成、退場、反対の三つの選択肢があったという。「各論の部分で疑問に思うところもあった」(社社連合市議)と採決時の態度を決めかねていた。
 署名を集めた「戦争はイヤです! なは市民の会」は議会終了後、委員会への付託がなかったことなどから「十分な審議がされていない」とする抗議声明を発表した。一方、同会内からも「議員への内容の周知が足りていない」「反対討論で指摘があったところを詰めないと制定は難しい」と指摘の声が上がっている。同会は、今後も県内各市町村で条例制定請求の運動を続けていくとしているが、議会が超党派で支持できる内容に詰めていく作業や議員への内容周知徹底などが課題として残った。(当銘寿夫)

-----------ここまで琉球新報より引用です----------


戦争が嫌なのと無防備を是認することはまったく違うことです。
特に周囲に異様な国がある日本にとって、
さらに言えば地理的に考えても沖縄が無防備でいいはずがありません。

お花畑思想もいい加減にするべきです。

否決されて当たり前です。
posted by おろし at 09:02| Comment(0) | TrackBack(0) | 主義主張 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月13日

[緊急拡散]いくつでも現住所が持てる永住外国人

131 名前:可愛い奥様[sage] 投稿日:2010/01/13(水) 02:35:29 ID:X8HI9Ckx0
私の妻は永住許可を持つカンボジア人ですが(私は外国人参政権に反対です。妻は関心がありません。)、
現在の外国人登録制度がどうなっているかと申しますと、まず、日本人の場合には、旧住所から新住所に住民票を移すと、
役場から役場へ通知連絡がいくわけです。
ところが永住者といえども外国人の場合は、「外国人登録」という言葉通りに登録制なのです。
結論から先に申しますと、いくつの自治体にも登録できます(利用できる住所があれば)。
パスポート側にもどこの自治体で登録したなどの記載は残りません。
住民票にあたる「外国人登録原票記載事項証明書」にも過去の住所録は載っていません、届けませんから。
外国人ですから住所を生まれた時まで辿る必要がないという建前はわかりますが、
昨年、自民党や法務省が登録法を変えようとしたときに民団、総連が反対した理由がわかる気がします。
いくつでも現住所が持てるのです。
対馬に在日韓国人が住所をみんなで移したらどうするだという意見がありますが、移す必要すらありません。
新たに加えるだけです。
これHもちろん、本当に住んでいる場所以外は収入がありませんから、生活保護の不法受給にも悪用可能です。
住民基本台帳に入っていませんので自治体が変わると検索の仕様もありません。
横浜で暮らし、川崎で生活保護を受けて、両方で選挙権を行使する。 現在の制度では可能です。
もし既知の事項でしたら長文の失礼お詫び申し上げます。

最近も区役所に行きましたが、単にパスポート上の、入国管理局が発効した滞在許可の種類、
期間を確認するだけで、外国人登録証が貰えます。
そして登録されます。
引っ越し前の住所など書く必要がありません。
入国管理局で一括管理しようとしたら、民主、公明が反対して、潰したと記憶してます。
なぜ反対だったか国民はわからなかったんじゃあないでしょうか?













posted by おろし at 12:06| Comment(0) | TrackBack(0) | 主義主張 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年12月14日

11月に「陛下の体調」を理由に拒否 中国副主席の特例会見で日本政府

11月に「陛下の体調」を理由に拒否 中国副主席の特例会見で日本政府
2009.12.14 12:50

 鳩山由紀夫首相が天皇陛下と中国の習近平国家副主席との15日の会見を特例措置として認めさせた問題で、日本政府が11月末時点で中国側に「陛下のご健康がすぐれない。無理だ」として会見は困難との意向を伝えていたことが14日分かった。日中外交筋が明らかにした。これに対し、中国側が民主党をはじめとする関係各方面に巻き返し工作を行った結果、平野博文官房長官が今月7日と10日の2度にわたり宮内庁に会見の設定を指示し、日本政府は11日に会見を行うことを正式発表した。

 習氏は14日夕、鳩山由紀夫首相と会談した後、首相主催歓迎晩餐(ばんさん)会に臨み、15日に天皇陛下と会見する。

 鳩山首相は14日朝、「特例会見」について、「杓子(しやくし)定規に考えるより、本当に大事な方であれば、天皇陛下のお体が一番だが、その中で許す限りお会いになって頂く。それは、日中関係をさらに未来的に発展させるために大変大きな意味がある。判断は間違ってなかった」と述べ、正当性を強調した。首相公邸前で記者団の質問に答えた。

 平野氏も同日午前の記者会見で「政治利用では全くない」と重ねて主張。ただ、平野氏は今月9日に日本政府が再び中国側に会見を拒否していたとの一部報道については、「承知していない」と否定した。

 今回の「特例会見」をめぐっては、渡辺周総務副大臣が13日のテレビ番組で「天皇陛下の政治利用と思われるようなことを要請したのは誠に遺憾だ」と異例といえる首相批判を展開。「今からでもやめていいなら、やめた方がいい。国の大小、経済力、政治力の大きさで優劣をつけることは絶対あってはいけない」とも指摘した。

 同じ番組で、社民党の阿部知子政審会長も「特例でも認めてはならない」と述べたほか、国民新党の亀井亜紀子参院議員は「(政治利用への懸念を示した)羽毛田信吾宮内庁長官の話はもっともだ」との認識を示すなど、与党から批判が相次いでいる。

 一方、自民党の安倍晋三元首相も14日朝、鳩山政権の対応を「国益ではなく自分たちのために今まで守ってきたルールを破った。天皇陛下を政治利用したと断じざるを得ない。今からでも遅くないので、中国側に取り下げてもらうよう要請すべきだ」と批判した。都内で記者団に語った。


-----------ここまで産経ニュースより引用です-----------


天皇陛下のご体調が優れないとあれば本来なら日本側から断るべき話。
日本の内閣が断るべき話。

ところが・・・まったく今の内閣はどこの国の内閣なんでしょうか。

売国政府。売国内閣。売国与党。
posted by おろし at 15:25| Comment(0) | TrackBack(0) | 主義主張 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年12月12日

天皇の政治利用

天皇の政治利用

 日本国憲法は天皇を「国民統合の象徴」と位置付け、「国政に関する権能を有しない」と規定。国会の召集、衆院の解散、外国の大使・公使の接受などの国事行為のみを行うとし、政治的行為はできないとされる。
 外国要人との会見は、友好親善のための「公的行為」との解釈が定着しており、政治的な行為とはみなされていない。ただ、鳩山由紀夫首相が「1カ月前までに申請」というルールの特例として、中国の習近平国家副主席の天皇陛下との会見を求めた理由について、平野博文官房長官は「日中の友好、重要な幹部だから」と日中関係の重要性を挙げた。
 これに対し、羽毛田信吾宮内庁長官は「相手国の政治的重要性、国の大小に関わりなくこのルールでやっている」と説明している。日中関係の重要性を特例の理由にすること自体、政治的な判断が働いているとの見方も成り立つ。宮内庁側が習副主席との会見を「公的行為」でなく「政治的行為(政治利用)」に該当しかねないとの認識を示している理由も、ここにあるとみられる。(2009/12/11-23:37)

----------ここまで時事ドットコムより引用です------------


あからさまな政治利用。
しかもルールを守らない。
さらにいえばそこまで無理をして会う相手でもないだろう。
どうせ訪中している小沢が「会わせてやる」くらいのことを言ったんだろうよ。
そしてそれを断ることもできない官房長官がごり押ししたんだろう。
陛下の健康が許される範囲よりも小沢の言質や中国様が大事ということだろう。
さすが売国政党、売国政権の面目躍如と言ったところか。
今からでも遅くない。宮内庁は拒否すべきである。



民主党の横暴には辟易する。



posted by おろし at 00:22| Comment(0) | TrackBack(0) | 主義主張 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年12月05日

キャリーバッグ事故に注意を

キャリーバッグ事故に注意を

12月2日 21時20分
バッグに車輪の付いた「キャリーバッグ」を引いて歩く際に、周囲の人がぶつかってけがをする事故が起きていることから、国民生活センターでは年末年始の帰省シーズンを前に使い方に注意するよう呼びかけています。

キャリーバッグは、重い荷物でも持ち運びがしやすいため広く使われていますが、引いて歩く際に周囲の人にぶつかって、けがをするなどの事故が起きています。国民生活センターは、年末年始の帰省シーズンを前に、これまでに寄せられた事故の事例を紹介しました。それによりますと、キャリーバッグを引いていた人が突然立ち止まり、後ろを歩いていた女性がぶつかって転倒しけがをしたケースや、空港の下りエスカレーターで、後ろからキャリーバッグが落ちてきてけがをしたというケースが寄せられているということです。国民生活センターは、混雑した場所では他人の視界に入りにくいため、持ち手の部分を縮めて体のそばに寄せることや、段差のあるところでは落下しないようしっかりと持つことなど使い方に気を付けるよう注意を呼びかけています。国民生活センター危害情報室の渡邊優一さんは「キャリーバッグは想像以上に幅を取ることが多く、けがにつながるおそれもある。年末年始の混雑した場所で使うときには、周りの安全に十分注意してほしい」と話しています。


----------ここまでNHKニュースより引用です----------


本当にキャリーバッグを引きずっていて突然止まる人って困るんだな。
特に私の今の勤務先の近辺あたりでは多いと思います。
結構気になるのはキャリーバッグを引きずりながら、歩道で横に二列に並んで歩いちゃう輩たち。
いるんですよ、こういう人が。
大体、自分が引きずっているものの幅とかサイズを意識していない人が多いような気もしますよ。
階段やエスカレーターはもちろん、エレベーターや満員電車なんかでも迷惑を被ったことがあります。
持っている人も持っていない人も譲り合いが必要なのかも知れませんが、大荷物の方が気にする度合いは多くあるはずです。
人の多いところで我が物顔でキャリーバッグを転がすのは勘弁して欲しいです。

大きい荷物を動かすときには特に意識して周辺に配慮したいものです。
キャリーバッグ以外でも同じなんでしょうけれど、タイヤがついていると動かし安い分特に配慮が必要なのかも知れません。
posted by おろし at 02:09| Comment(0) | TrackBack(0) | 主義主張 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年11月29日

石原知事、蓮舫氏発言を「白痴的」とメッタ斬り

石原知事、蓮舫氏発言を「白痴的」とメッタ斬り
2009年11月28日18時00分 / 提供:リアルスポーツ

 東京都の石原慎太郎知事(77)は27日の定例会見で、来年度予算概算要求の無駄を削り込む政府の行政刷新会議(議長=鳩山由紀夫首相)の事業仕分けについて、科学技術予算が削減されたことに猛反発。次世代スーパーコンピューター開発をめぐる民主党の蓮舫参院議員(41)の「世界1位を目指す理由は何ですか。2位じゃだめなんですか」発言を「文明工学的に白痴的」などとメッタ斬りした。



 記者団の質問に答えたもの。科学技術に理解ある知事は「文明の進歩は全部技術がもたらしたもの」と歴史をなぞりながら持論を展開。“必殺仕分け人”と呼ばれる蓮舫氏の発言を粉砕した。

 「歴史を文明工学的にながめて技術は絶対に必要。これは大事なことなんですよ。それをなんか知らんけど、だれかがね、『スーパーコンピューターはどうして1位じゃなきゃだめなんですか。2位じゃだめなんですか』って。2位はない! スーパーコンピューターに2位はない! 1位しかない! その1位を獲得しようというときにね、ああいうねえ、もう全く文明工学的に白痴的なね。だれがどう言ったか覚えていませんけどね。新聞報道によると。スーパーコンピューターはなんで2位でいいのか。2位はないんですよ。先端技術ってのは2位はないんです。これを歴史の原理ってものを知らずにね。ああいうただ金目を減らせばいいっていうね。国家の本当の原動力を阻害したらこの国はもたないと思いますな」などと繰り返し批判した。



 名指しこそしなかったが、13日の事業仕分けで蓮舫氏がスパコン開発を進める独立行政法人・理化学研究所に放った発言。一部で「何様のつもりだ」などと激しくバッシングされた。開発予算276億円は事実上凍結のジャッジが下され、サイエンス系のノーベル賞受賞者らが反論会見を開いたり首相官邸に乗り込む騒動になった。

 理系出身の鳩山首相をはじめとする政府は判定を見直す考えを表明。蓮舫氏は政府の判断に従うとしており、予算復活の見通しが立っている。

 知事は事業仕分けじたいは「削るものはたくさんある」「産業と役所の癒着を暴いているからいい」「期待している」などと評価しつつ、「技術に関してはあの発言は論外」と述べた。

 連日の公開事業仕分けは国民にとっては分かりやすい。一方でやたら攻撃的な蓮舫氏には批判も少なくない。知事は「役人を吊るしあげれば国民は快哉を叫ぶだろう、そりゃ。(会場が)立ち見が出るほど満員なのは結構だけど、ある意味じゃ怖い気もするね。人民裁判みたいになって国民が溜飲を下げても、できてくる予算が執行されるときにこの国を狂わせてしまったらエラいことになりますからね」と政府に冷静な判断を求めた。(渡辺高嗣)


------------ここまでlivedoorニュースより引用です------------



石原都知事の発言には賛成できるものばかりではないけれど
今回のこの発言には、激しく激しく激しく賛成できる。

某議員の1位でなければならない理由を求める発言は
ものをわからない者が言っている戯言にしか聞こえなかった。
こういう大事なところを削るべきということを言っておいて
息子がファンだから巨人は仕分けたくないなどと宣う雄弁w
http://www.sponichi.co.jp/society/news/2009/11/27/05.html
冗談にもならないことに気づかないのだろうか。
周囲に諫める人間はいないのだろうか。
石原都知事あたりにでもガツンと言って欲しいものだな。

この事業仕分けというイベント自体も決定権があるわけではなく
結局は政府で検討するのだという。
無駄を削るのはいいことだし、国民的に意識が高まったのはいいこと。
でもあまりに的外れなやりとりがなされたことも忘れるべきでない。
このイベント自体にもいくらかかったのか公開するべきだろう。


いろいろと削減するのはいいが、
まずは国会議員の定数削減が先だろう。
研修中という拍手要員はまったくの無駄だ。
posted by おろし at 11:14| Comment(0) | TrackBack(0) | 主義主張 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年11月17日

脱税した総理は脱税総理でしょう

衆院法務委、「脱税総理」発言で中断
2009.11.17 12:41

 17日午前の衆院法務委員会で、棚橋泰文氏(自民)が株式の売却所得を税務申告していなかった鳩山由紀夫首相を「脱税総理」と呼び、滝実委員長が「使用を控えるように」と注意するなどして紛糾、審議が一時中断した。

 発言に対して滝氏が「不適切な発言であり理事会で協議する」と使用しないよう求めたが、棚橋氏は「首相自身は7200万円(の不申告)を認めている。委員長自身中立公平なのか。鳩山さんの弁護士なのか」と反発。さらに首相の偽装献金問題について千葉景子法相に「疑惑をきちんと起訴するのか」などと質問した。


---------ここまで産経ニュースより引用です-----------



鳩山由紀夫vs 鳩山由紀夫 自らの献金問題を厳しく追求!!







脱税総理
脱税総理
脱税総理




脱税も然り、出所のわからない献金も然り。
これをきっちりと追及できないのはおかしいぞ。

法務大臣はぼけたことを言っているようだが、厳罰が必要です。
http://www.shugiintv.go.jp/jp/wmpdyna.asx?deli_id=40002&media_type=wb&lang=j&spkid=19649&time=00:07:34.6
*特に00:17:00頃からに注目
*「脱税総理」を撤回しろとかおかしなことを言っているのは00:18:30頃から

紛糾してる時間が長すぎて、むしろ笑えます。






しかしまあ最悪な総理、最悪な法務大臣が揃ったものです。
国民がどうこうよりも民主党を守ることの方が大事なんだな。

馬鹿らしい民主党の正体。



posted by おろし at 18:28| Comment(0) | TrackBack(0) | 主義主張 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年11月08日

「国際政治に『友愛』通じない」 櫻井よしこさん奄美で講演

「国際政治に『友愛』通じない」 櫻井よしこさん奄美で講演
2009.11.7 18:30

 民主党政権の誕生を踏まえ、揺れる日本の内外情勢を考える講演会(主催・奄美大島商工会議所など)が7日、鹿児島県奄美市の中央公民館で開かれた。講師のジャーナリスト、櫻井よしこさんは「外交の目的とは独立国家として生き残ることである」と述べ、鳩山政権が掲げる「東アジア共同体」構想を批判した。

 櫻井氏はこの中で、「日本人には穏やかさを尊ぶ文化があるが、優しさだけでは国家は成り立たない。国際政治は自国利益を確保する存亡をかけた戦いであり、『友愛』の精神など通じない」と鳩山政権の外交戦略の甘さを指摘。「(中国の胡錦濤国家主席に東シナ海のガス田を)『友愛の海にしよう』と言った鳩山首相はまるで夢見る少年のようだ」と皮肉った。

 一方、もう一人の講師で拓殖大常務理事の佐野幸夫氏は、西郷隆盛の長男で、自らが研究する奄美大島出身の外交官、西郷菊次郎について講演した。

 佐野氏は「明治の国際人 西郷菊次郎」をテーマに、日本統治下の台湾で、北東部・宜蘭の首長として治水事業などで地域の発展に貢献した菊次郎の功績を紹介。「菊次郎は今も地元住民に『神様』と信頼される日本人であり、奄美大島の誇りだ」と締めくくると、講演会を主催した商工会の浜崎幸生会頭は「今日を契機に(鹿児島県)最南端の奄美から日本を元気にしたい」と応じ、地域経済の活性に向けて協力を呼び掛けた。

-----------ここまで産経ニュースより引用です-----------



まずは国益。

国益を優先できないようなわけのわからない言葉は信じられない。

お花畑で遊んでいるような夢見言を言っている政治家などいらない。


 
posted by おろし at 10:11| Comment(1) | TrackBack(0) | 主義主張 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

通話・メール無料 468x60
こだわりのQ10、アルファリポ酸、L-カルニチンサプリ登場。SAKURA PLACEでは美と健康についての願望にできるだけ近づける商品を常に企画しております。
DHA&EPA468x60
一生の宝物が探せるチタンの日用雑貨通販ショップ【チタンでネット】が健康バリアフリーのお手伝い!飲物がまろやかに美味しくなる不思議なマグカップが人気!景品グッズなども取り揃えております。


広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。